テレワークになってから買ったイヤホン ambie sound earcuffs

テレワークになってから買ったイヤホン ambie sound earcuffs

テレワークで働くとテレビ会議をする機会が増えます。
一般的にノートパソコン内臓のマイクの品質は、あまり良くありません。
相手から聞こえづらいと言われてしまっては元も子もありません。
そんな時にマイク付きのイヤホンを使うだけで劇的に改善します。

高いものじゃなくていい

高価なイヤホンやヘッドセットを購入する必要はありません。
iPhoneなど、スマートフォンを購入した時に付いてくるイヤホンで必要十分に聞き取りやすくなります。
また、スピーカーから相手の音を再生されないだけでノイズやハウリングの心配も要らなくなります。

選択肢

ヘッドセット


一番機能性が良いと思いますが、テレワークでは辞めた方が良いです。
重量がそれなりにあるため、長時間装着していると疲れます。
マイクは前述の通り、それほど高性能なものは必要ありませんので邪魔になります。

マイク付きイヤホン

ベターな選択です。
価格も安く、テレビ会議をする上では充分です。
他に、良い音で音楽を聞きたい場合は高いイヤホンを選べばOKです。

ノイズキャンセリング機能付き

周囲の音(ノイズ)を聞こえないようにする機能を持ったヘッドセットやイヤホンがあります。
騒がしい環境で作業する場合は検討する価値がありますが、価格は高額になりがちです。

ambie sound earcuffsとは


耳を塞がず音を楽しむイヤホンがコンセプトのイヤホンです。
耳穴にイヤホンを入れるのではなく、耳にイヤホンを挟み込んで耳の近くで音を鳴らすイヤホンです。

メリット1 病気にならない

テレワークで使用することを想定すると、長時間、長期間に渡って付けたままになることも珍しくありません。
イヤホンやヘッドフォンで耳穴を塞ぎっぱなしにしていると、外耳道真菌症という耳の中にカビが生える病気になります。
耳に痛みや痒みが生じたり、腫れるなどの症状が出てしまい、間違いなく病院送りになります。

ambie sound earcuffsなら耳穴を塞ぎません

メリット2 周辺の音が聞こえる

イヤホンをしていると周りの音が聞こえにくくなりますが、ambie sound earcuffsなら周りの音も聞き取れます。
自宅でテレワークで働いていて、インターホンの音にも気付かなかったり、家族からの呼び声も聞こえないようでは困ります。
また、オフィスなどで使用する場合も話しかけられた時に気が付くことができるため、イヤホンをしていても円滑なコミュニケーションが取れます。

メリット3 装着感(圧迫感)がない

耳穴を塞がず、耳に挟み込むだけなのでイヤホンをつけている感じがありません。
長時間つけていても疲れず、気になりません。
ランニングなどのスポーツ用途で使用する場合も、軽く装着感がなく、周囲の音も聞こえて湿気も溜まらないので適しています。

おすすめは有線タイプ ambie sound earcuffs

仕事で使う以上、電池切れで使えないというのは通用しないので有線タイプがおすすめです。
価格も無線タイプの半額ほどです。

無線タイプ ambie wireless earcuffs

最近流行りのイヤホン自体にバッテリーを内蔵しているタイプではなく、首に掛けるタイプです。

リモートワークカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。