DBeaver SSH接続でinvalid privatekeyエラーが発生する

DBeaver SSH接続でinvalid privatekeyエラーが発生する

DBeaverでProduction環境に接続する場合などは、セキュリティのためにSSH接続を使用することがあります。
その際にinvalid privatekeyエラーが表示される場合の原因と対処方法です。

原因

DBeaverはOpenSSLのPEM形式のキーしか対応していません。
2018年8月24日のOpenSSHのバージョンアップにより、OpenSSH形式がデフォルトになりました。

ssh-keygenでキーを作成する際に-m PEMのオプションを作成していないとOpenSSH形式で作成されるため、DBeaverでは使用することが出来ません。

対応方法

PEM形式のキーを作成して指定します。

新しくキーを作成する

-m PEMを追加してキーを作成しましょう。
暗号化方式は任意で変更して下さい。

ssh-keygen -t rsa -m PEM

既存のキーを変換する

既存のキーが存在しており、色々なところに登録してある場合はキーが変わると大変です。
以下のコマンドで秘密鍵PEMに変換しましょう。
キーは上書き保存されるので、以下手順を参考に既存のキーをコピーした上で作業します。
パスフレーズの入力を求められるため、既存のキーと同じパスワードを入力します。

# 既存の秘密鍵をコピー
cp id_rsa id_rsa.pem
# 変換
ssh-keygen -p -m PEM -f id_rsa.pem

データベースカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。