Firefoxの翻訳アドオンはSimple Translateがおすすめの理由は

Firefoxの翻訳アドオンはSimple Translateがおすすめの理由は

FirefoxにはChromeと違ってデフォルトで翻訳機能はなく、アドオンを入れる必要があります。
色々な翻訳アドオンがありますが、Chromeの使い勝手と比べると使いづらいと感じるものが多いです。
そこで、いろいろ試した結果Simple Translateが満足できる翻訳アドオンでした。

翻訳アドオンに求めること

・翻訳速度
ページ全体を翻訳する場合、Chromeと同等速度で翻訳して欲しい

・ハイライト翻訳
ドラッグ選択した箇所だけポップアップで翻訳して欲しい
(出来ればドラッグするだけで勝手に)

Simple Translateが叶えてくれました

翻訳速度はChromeと同等でハイライト翻訳も可能、さらに詳細な設定やショートカットキーも設定可能です。

Simple Translate ダウンロード先

基本的な使い方 ページ全体を翻訳

ページ内で右クリックすると表示されるコンテキストメニューからページ全体を翻訳を選択します。
新しいタブで翻訳されたページが表示されます。

基本的な使い方 選択したテキストを翻訳

翻訳したい単語や文章をドラッグして右クリック > 選択したテキストを翻訳から一部分だけ翻訳されます。

設定を変えて使いやすくする

アドオン画面からオプションを選択すると、アドオンごとの設定画面が表示されます。

デフォルトの翻訳言語、表示設定、スタイルなど細かく設定することが出来ます。

おすすめの設定

テキスト選択時に翻訳パネルを自動的に表示する
ドラッグで単語・文章を選択した時点で自動的に翻訳がポップアップで表示されます。
ちょこちょこ翻訳して見たい事も多く、毎回「選択したテキストを翻訳」を押さなくても良いです。

「ページ全体を翻訳」にショートカットを設定する
ショートカットから、各操作にキーボードショートカットを設定できます。
選択したテキストを翻訳は自動的に表示するようにしたため、ショートカットを削除しています。
代わりにページ全体を翻訳Ctrl+Spaceを割り振ります。

すると、ページ全体を翻訳して見たいときはCtrl+Spaceを押すだけで別タブで翻訳が開始されて便利です。

ツールカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。