Google AdSense 「Google のポリシーに準拠していないサイト」のWordPressのLionテーマ使用時の解消方法

Google AdSense 「Google のポリシーに準拠していないサイト」のWordPressのLionテーマ使用時の解消方法

私がGoogle AdSenseの利用審査を申し込んだ結果、「Google のポリシーに準拠していないサイト」と指摘されました。その際、この指摘をクリアするために行った対処方法を紹介します。

Google Adsense

Google のポリシーに準拠していないサイト

審査に申し込んだ結果、以下の文面と共に審査NGとされました。
内容を見ると分かるように、自動生成されている文面のため、かなり抽象的な表現で指摘されます。
具体的に貴方のサイトのここがダメですよ!とは教えてもらえません。

私が対処したことによって解消された方法を以下に紹介していきます。
複数の要因が考えられる指摘なので紹介する内容だけでは解消されない可能性もあります。

Google のポリシーに準拠していないサイト: お客様のサイトは、Google AdSense のプログラム ポリシーに準拠していないか、ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していないため、現時点では AdSense のお申し込みを承認できませんのでご了承ください。Google の目標は、質が高く有用なコンテンツと価値あるユーザーに関連性の高い広告を配信できるサイトを広告主様に提供することです。お客様のサイトは、現在この基準を満たしていないと判断いたしました。

次のヒントを参考に、サイトでのユーザーの利便性を高め、AdSense の要件を満たすようにしてください。
・Google 広告を掲載するサイトでは、ユーザーに価値ある情報を提供することが重要です。サイトに掲載するコンテンツは、ユーザーが真っ先にアクセスしたくなるような、独自性と関連性の高いものにしてください。
・自動生成されたページや独自のコンテンツがほとんどないページには、広告を掲載しないでください。
・サイトは操作しやすい構成にして、ユーザーの利便性を高めることが重要で、クリック操作でページを移動して、探している情報を簡単に見つけられるようにする必要があります。

ユーザーに価値ある情報を提供すること

・Google 広告を掲載するサイトでは、ユーザーに価値ある情報を提供することが重要です。サイトに掲載するコンテンツは、ユーザーが真っ先にアクセスしたくなるような、独自性と関連性の高いものにしてください。

裏返して読むと「貴方のサイトのコンテンツは独自性と関連性が低く、ユーザーに価値ある情報を提供していません」という事になり、記事の内容が悪いと言われているようでショックを受けます。
色々調べると、記事自体ではなく「カテゴリー」や「タグ」が細かすぎる事が原因で各カテゴリーやタグに対する記事数が少なく、ユーザーに価値ある情報ではないと判定される事があるようです。

カテゴリーの整理

カテゴリーを沢山用意して階層化したら記事も見つけやすくなるしSEO対策にもいいかなと思って、細かく設定していました。
ただし、審査の上では1つのカテゴリに対する記事数が少ない!と見なされる可能性があるので以下のようにカテゴリを整理しました。

  • 不要なカテゴリを削除して統合する
  • 複数階層化(プログラミング→C#)して親カテゴリを整理する

サイトは構成しやすい構成にすること

・サイトは操作しやすい構成にして、ユーザーの利便性を高めることが重要で、クリック操作でページを移動して、探している情報を簡単に見つけられるようにする必要があります。

目的の情報を見つけづらいサイト構成ですよーと指摘されています。
このサイトはWordPressのLionテーマで構成されているので、ある程度操作しやすくなっているはず…と思いながら構成に関連する点をチェックしました。

  • 上部のメニュー NG?
  • 上部のキーワード検索 OK!
  • 右サイドバーのカテゴリー OK!(カテゴリーとタグの整理)
  • 中央の記事一覧 OK!

メインメニューの整理

メインメニューは、メニューと呼べる代物ではなくカテゴリーが羅列されているだけです。
Lionテーマの場合はメニューに表示するカテゴリは個別にチェックして設定しますが、開設して間もないときに設定したままで
3つしか表示されていませんでした。
そのため、全てのカテゴリをメインメニューに表示するように変更しました。
メインメニュー用の「本サイトとは」みたいな固定ページなどは何もありませんが、問題ないようです。

自動生成されたページに広告を掲載しない

・自動生成されたページや独自のコンテンツがほとんどないページには、広告を掲載しないでください。

こちらに関しては思い当たる節がなく、そのまま何もせずに再審査を提出しました。
結果、やはり問題は本当にあり、再審査で再び落ちました。
その際には、より具体的な「価値の低い広告枠(コンテンツのないサイト)」として指摘されました。
詳しくは後日記事を追記します。

まとめ

・カテゴリーは厳選して付けること
・メインメニューの項目は常に最新を維持すること
・Googleからの指摘内容は自動生成されたメッセージで見過ごしがちですが、
今回対応してみたら指摘内容はそのサイトの問題に対するメッセージになっている為、きちんと対処すること

 

ツールカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。