庭の家庭菜園で自然農法にチャレンジ 7月

庭の家庭菜園で自然農法にチャレンジ 7月

ずぼらな自然農法で家庭菜園にチャレンジ中です!
7月に入り、野菜たちは畑の囲いを飛び出す勢いで急成長中です。

追加で植えた

いま畑にはキュウリ、エダマメ、大豆、ピーマン、ごぼう、ニンジン、ネギが植えられているはずです。

5月に植えられる野菜で植えたいものは全て植えたけど、まだ畑のスペースが空いてました。
空けておくのも勿体ないので、種から発芽させて余ったポットの苗を植えました。

葉っぱの形から「これは多分キュウリ」みたいな感じで、適当に入れていきました。

キュウリ

普通の菜園ならキュウリだけを一箇所にまとめ、支柱やネットを立ててつるを這わせます。
自然農法ではコンパニオンプランツを側に植えるので、早い段階から支柱を立てて誘引しないと近くに植えた野菜に絡みついてしまいます。(経験談)

小づるのカット、摘心が遅れる

キュウリは最初の5〜6節の小づるはカットして、手の届く高さの本葉を摘芯します。

知ってはいましたが、気づいた頃には手の届く高さまで成長していました。
慌てて小づるはカットして、摘芯しました。
また、一般的には間引きして一本立てにするようですが既に抜けば共倒れするサイズまで成長していたので、このまま行くことにしました。

あちこちに植えすぎた

余ったポットの苗を入れる時、支柱を立てる必要なあることが全く頭にありませんでした。
結果、点々と植えてしまったので全てに支柱を用意することも出来ず、支柱なしフェンスに誘引することにしました。

きれいな花が咲く

追加で植えたことで、少々どこに何を植えたか分からなくなっていました。
気味の悪い蕾がついたと思ったら、きれいな花が咲きました。

どんな野菜の花なのかなと見守っていても、次々と花が咲いては枯れるので調べてみました。

百日草でした。

別の段に置いてあった花の苗が混ざっていたようで間違えて植えたようです。

大きな葉っぱ

左奥の大きな葉っぱは、ごぼうです。
スーパーで根の部分しか見たことなかったので、こんなに葉が大きくなるとは意外でした。

そして、右に見える背の高いやつは何か分かっていません。
しっかりとした茎で背が高いのでひまわりじゃないかと思うのですが、ひまわりの種は買っていないので違うはずですが…

家庭菜園カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。