DBeaverをVimのキーマップに変更する

DBeaverをVimのキーマップに変更する

DBeaverのSQLエディタ上のキーマップをVimに変更する方法を紹介します。

Vrapperをインストールする

DBeaverはEclipseベースなので、Eclipse用のプラグインをそのまま使用することが出来ます。
Eclipse用のVimプラグイン「Vrapper」をインストールしましょう。

メニュー「ヘルプ」→「新規ソフトウェアのインストール」を選択します。
作業対象に以下のVrapperのURLを入力します。

URL
http://vrapper.sourceforge.net/update-site/stable

本体のVrapperにチェックを入れます。
必要に応じてOptionalVimscript Pluginにチェックをつけましょう。
sneakやtsurroundなどのプラグインなどの有名プラグインを使用するには、こちらにチェックを付けておく必要があります。

インストールを完了させる

ダイアログに従ってインストールを完了させます。
インストールの進行状況はウィンドウ右下にパーセンテージが表示されます。

インストール完了後にDBeaverを再起動すると使用できるようになります。

行番号を相対番号に変更する

Vimを使うなら行番号は現在のカーソル位置からの相対番号を表示すると便利です。
Vrapperでは対応していないので、「relative line numbers」プラグインをインストールしましょう。

メニュー「ヘルプ」→「新規ソフトウェアのインストール」を選択します。
作業対象に以下のrelative line numbersのURLを入力します。

URL
http://matf.github.io/relativenumberruler/updatesite/

チェックを入れてインストールします。
再起動後、行番号と相対番号の2種類が表示されていれば完了です。

データベースカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。