VSVimでIMEの状態を保存せずにノーマルモードへ戻ったらOFFにする

VSVimでIMEの状態を保存せずにノーマルモードへ戻ったらOFFにする

VSVimでは、デフォルトでIMEがオンの状態でインサートモードからノーマルモードへ移行すると、IMEがオフになります。
しかし、もう一度インサートモードへ移行すると、前回のIME状態を記憶していて勝手にIMEがオンに切り替わります。
勝手にIMEがオンにならないようにするための設定を行っていきます。

問題

インサートモードからノーマルモードへ戻るとIMEモードがオフになるが、再度インサートモードへ移行するとIMEモードが勝手にオンになる。
IMEモードの状態を記憶せずにオフのままであって欲しい。

対応方法

.vsvimrcに以下のコマンドを追記します。
これでESCCtrl+[Ctrl+cのどれで抜けてもIMEの状態は記憶されずにオフのままとなります。

inoremap <ESC> <ESC>:set iminsert=0<CR>

プログラミングカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。