Xiaomi RedmiBook 14 Ryzen Editionが届いたのでレビュー

Xiaomi RedmiBook 14 Ryzen Editionが届いたのでレビュー

購入まで

2019年11月11日の独身の日セールに購入したRedmiBook Ryzen Editionが届きました。

その時の記事

banggoodで注文してから届くまで21日

掛かりました。
到着までの流れです。

  • 注文日11月11日
  • 2019-11-19 16:35:00 Guangzhou, China Client electronic information has been entered
  • 2019-11-28 15:38:00 Guangzhou, China The goods have been received from the sender
  • 2019-11-28 19:34:00 Guangzhou, China The shipment has entered the OCS site
  • 2019-11-28 21:29:00 Guangzhou, China Goods have been completed operation, ready to enter the next transshipment
  • 2019-11-29 20:43:00 Japan Goods have been clearance clearance and release
  • 2019-11-29 20:44:00 Japan, Osaka Transshipment arrival site
  • 2019-11-30 10:40:00 Japan, Osaka The goods have entered the next transshipment
  • 2019-12-01 20:29:00 The goods have been delivered and received

開封

梱包は硬めのエアークッションで全体がすっぽりと覆われているので安心でした。
さらにダンボール内でも発泡スチロールで固定されているので、ガタつくこともありませんでした。

内容物

  • パソコン本体
  • 取扱説明書
  • ACアダプタ
  • コンセント変換アダプタ(banggood付属)

必要最低限のものしか入っていません。
気になるのは電源ケーブルのコンセントの形状です。
日本のコンセント用ではなく、中国で使われている3つの差込口のあるO型です。
banggoodが変換アダプタを同梱してくれているので直ぐに使えますが、ゆるゆるで使い物になりません。

私はXiaomiのACアダプタの電圧に対応した電源ケーブルをAmazonで購入し、コンセント部分だけ差し替えて使っています。
購入から半年ほど経ちましたが、異常は見られません。
対応していない電源ケーブルを使うと発火の危険がある為、ご注意下さい。

レビュー(ハード編)

キーボード


キーボードはUS配列です。
上下左右のキーのうち、上下だけ1/2のサイズのキーボードを使うのは初めてでしたが違和感なく対応できました。
キーピッチはしっかり取られているので、誤って隣のキーを押すことはありませんでした。
ストロークはかなり浅めですが、2019年頃のmacbookに搭載されていたバタフライ構造のキーボードほどではありません。

Fnキーの固定切り替えは、Fnキー+ESCで切り替えられます。

私にとってはベストな配置でしたが、FnキーとWindowsキーの位置、
Deleteキーと電源スイッチの位置などは要チェックです。

電源スイッチは一見押し間違えそうな場所に付いていますが、他のキーよりも少し硬くなっているので、強めに押さないと効かないようになっています。

ちなみに、Intel入ってないのでCPUのシールはオレンジ色のRYZENです。
珍しい!

タッチパッド

広めのタッチパッドでクリックエリアは分かれていません。
最近の一般的なパソコンと同じく、以下のように操作可能です。

  • 1本指タッチで左クリック(もしくは左下押し込み)
  • 2本指タッチで右クリック(もしくは右下押し込み)
  • 2本指スワイプで戻る・進む
  • 4本指スワイプでワークスペース切り替え

SSDはTOSHIBA

デバイスマネージャーから確認するとSSDは「KXG60ZNV512G TOSHIBA」が積まれていました。

Client SSD | KIOXIA ( https://business.kioxia.com/ja-jp/ssd/client-ssd.html )

XG6シリーズは、当社の96層積層プロセスを用いた3次元フラッシュメモリを搭載し、前世代製品XG5シリーズに対し性能と電力効率を改善したNVMe™ SSDです。XG6シリーズは低消費電力や性能を重視するPCなどに適しています。

 

シリーズ 型番 インターフェイス コマンド フラッシュメモリ 記憶容量 暗号化機能 形状
XG6
シリーズ
KXG60ZNV**** PCIe® Gen3 x4 NVMe™
1.3a
BiCS FLASH™ TLC 1,024/512/256 GB M.2 2280-S2
片面モジュール
KXG6AZNV**** SED

メモリ

タスクマネージャーを確認するとメモリスロットは2/2となっており、スロットは開いていないため、増設する場合は追加ではなく交換になりそうです。

動作音や熱

ブラウザでホームページを見たりする程度では、動作音はしません。
よく耳を近付けると何となく聞こえる程度です。

熱に関しては膝上で使っていても膝がほとんど熱くありません。
常温です。冷たさを感じるほどではなく、人肌と同じぐらいでしょうか。

上面の手が触れる箇所は、まったく熱を感じることはありません。

レビュー(ソフトウェア編)

OS

噂通り中国版Windows10 HomeEditionでした。
ガルマックスの記事を参考に日本語Windows10に入れ替え可能です。

初回セットアップでデスクトップまでは中国語のUIで進めなければなりません。
構成や流れは同じなので、日本語Windows10のセットアップ説明サイトを見ればスムーズに行けるはずです。

また、Windows10はセットアップ中にマイクロソフトアカウントの入力・登録を進めてきますが、
ローカルアカウントを作ってセットアップすることも可能です。

OSインストール後、各種ドライバが自動でインストールされないので手動でインストールしていく必要があります。

Xiaomi公式からダウンロードしてインストールします。

Xiaomiのユーティリティソフトも含まれているので、それは不要なのでインストールしませんでした。

注意が必要なところ

キーボードのバックライトがありません。
暗いところで手元のキーを見ながら使用する場合は、キーを見ることが出来ません。
(そんな暗いところでは画面が眩しいのでやりませんが…)

内臓Webカメラは付いていません。
マイクや、別途4極のイヤホン・マイク端子は付いているので、音声通話は問題なく出来ます。
ビデオ通話を行うには、上位モデルのXiaomi Mi Air Laptop 13.3を選択するか、別途Webカメラを接続する必要があります。
ただし、充電端子がUSB Type-cになっていたり指紋認証が付いているのは良いですが、RedmiBookと比べて2世代前のCPUでスペックは逆に落ちてしまいます。
装備は充実する反面性能が落ちて2~3万円の価格差になるので、よく検討する必要があります。

使ってみて

日本語OSを入れたら、後は普通のノートパソコンです。
本体の質感はMacBoook、ディスプレイも綺麗、サクサク快適に動作する端末が7万弱で手に入るのは凄いですね。

US配列のキーボード、OS再インストールの手間さえ許容できれば、非常にコストパフォーマンスの高い端末ではないでしょうか。

購入ページ

banggoodから購入しています。

AMDのRyzenのモデルがintelと変わらない性能で1万円ほど安い設定のため、こちらがおすすめです。
SSDの容量ごとに256GB512GBが用意されています。

ガジェットカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。