DBeaver SQLの変換・自動補完するとスペースが勝手に補完される

DBeaver SQLの変換・自動補完するとスペースが勝手に補完される

DBeaverのSQLエディタは、デフォルトでテーブルやカラム列名の後にスペース、シングルクォートや括弧などの引用符などが自動で補間されます。
「鬱陶しいったらありゃしない」という人も多いでしょうから、設定の変更方法です。

SQLエディタの設定は「SQLの完了」

[ウィンドウ] > [設定]から設定画面を開きます。

そして、以下の階層の設定画面でSQLの変換・自動補完・インテリセンスの細かい挙動の調整が行えます。
[DBeaver] > [エディタ] > [SQLエディタ] > [SQLの完了]

データベースカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。