VSCode Vim 貼り付け(ペースト)時に行末にカーソルを移動する

VSCode Vim 貼り付け(ペースト)時に行末にカーソルを移動する

VSCode Vim(通常のVimも同様)では、Normalモードでペースト(p)した後のカーソル位置は行頭です。
Windowsの通常の貼り付けではカーソル位置は行末に来るため、違和感を覚える方も多いかと思います。
そこで、貼付け後に行末にカーソルを置く方法について紹介します。

本命のgp(gP)で行末にカーソルを移動

ペースト(p)を押す前に、gを押します。
すると、貼付け後のカーソル位置は末尾に置かれます。

同様に、現在位置から貼り付けるPも、gPで入力することで行末にカーソルを置くことが出来ます。

Insertモードの場合に行末にカーソルを移動

こちらは気にする必要はありません。
Windowsショートカットキー(Ctrl+v)のペーストは行末にカーソルが移動されます。
Ctrl+r > レジスタ(0など)でも、Insertモード時は貼付け後のカーソル位置は行末にきます。

Vimカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。