お家でプールをする時に効率よく水を温める方法

お家でプールをする時に効率よく水を温める方法

自宅でビニールプールで遊ぶ季節になってきました。
プールの準備をするのもなかなか大変ですが、特に気になるのが冷たい水を温める方法です。
誰もが初めは電気やガスでお湯を沸かして温めようとすると思いますが、そんな少量ではなかなか温まりません。
何度も沸かしてるうちに、これいくら掛かるんだろう… 市民プール行ったほうが安いんじゃないか…とか思います。

私が自宅で実践している、コストを掛けずに効率よくお湯にする方法をご紹介します。

太陽光の力で熱湯を作る!

嘘くさいですよね、太陽光程度で熱くなるわけがないと思いますよね。
ですが、環境さえ整えば天気によりますが5~10分で1リットルぐらいの熱湯が用意できるんです。

園芸用ホース内でお湯を作る

園芸用ホースを一杯に伸ばします。
太陽光の当たるところに伸ばしたホースを広げます。
すると…

  • ホース内に溜まっている水が太陽光で温められる
  • 水の面積に対して、まんべんなく太陽光が当たる
  • 地面の熱がホースを通して水を温める

その結果、日差しの強さにもよりますが「5分~10分」もすれば、触れないぐらいの熱湯が「ホースの長さ分」できあがります。
家庭菜園をやっている方は経験があると思いますが、日中のホースから出てくる水は、太陽で温められて熱湯になっていますよね。アレをプールに活用します。

プールにホースからそのまま熱湯を入れる

ホースの先端には、大抵の場合はストッパー付きのノズルが付いていると思います。
ノズルをプールに差し込んでおいて、熱くなったころにノズルのストッパーを解除してプールに流し込みましょう。

流し込むと同時に、次の熱湯用の水がホース内に充填されるので、あとはこれを繰り返すだけです。

これならキッチンでお湯を沸かして注意しながら運んで往復するといった手間もありません
コストも太陽光のみなので無料です!
5分~10分で1リッター程(ホースの長さ次第)の熱湯ができます!

子育てカテゴリの最新記事