VSCodeでVimのEasymotionの代わりになる拡張機能を探したらスゴイものを見つけた

VSCodeでVimのEasymotionの代わりになる拡張機能を探したらスゴイものを見つけた

Vim拡張機能を入れればEasymotionそのものは使用できますが、Vimは使いたくない場合もあります。
そんな時、Easymotionに似た拡張機能が単独でリリースされているので、紹介したいと思います。

Easymotion系で最も有名な拡張機能はこちらで、機能もEasymotionと同じです。  jumpする方法は単語ごと、行ごとの2パターンなのでVimと比べると劣りますが、この2つがあれば、まあ大体大丈夫です。

実行してから文字が表示されるまで、若干待ち時間があるのが惜しいところです。

インストールした後にjumpを起動するショートカットキーを設定して使います。
公式ではShift+Enterを推奨しています。
Ctrl+;でも押しやすいでしょう。

本命はこちら。
まだ登場したばかりで340ダウンロードですが、私はjumpyよりもこちらを愛用しています。

機能はEasymotionというより、キータッチ数を極限まで減らした検索です。
拡張機能は以下の手順で使用します。

  1. 拡張機能を実行
  2. 飛びたい先の文字を入力(1~3文字程度)するとリアルタイムで該当箇所にアルファベットが表示される
  3. 飛びたい先のアルファベットを入力する

注目して頂きたいのが、ファンクションキー、ESC、矢印キーなどは一切使いません。  ホームポジションから届く範囲で全て完結します。

検索して、次へ次へ…と繰り返さずにスパッと目的の場所へ飛べます。

Vimカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。