DBeaver レガシー MySQL 4に接続するためのドライバの設定方法について

DBeaver レガシー MySQL 4に接続するためのドライバの設定方法について

2019/08/19にリリースされたDBeaver 6.1.5から、MySQL用のドライバはMySQL8用になった影響で、レガシーなMySQL4には接続できなくなりました。
接続するには手動で旧ドライバをダウンロード・設定する必要があるため、その手順を説明します。

DBeaverでMySQL4に接続する

正直、いまだにMySQL4を使っている状況を見直したほうがいいんじゃないかと思いますが、そうもいきません…。

MySQL4に接続するには、手動で古いドライバを持ってきて設定していきます。

MySQL Connector /J 5.1.48をダウンロードする

Java用のMySQL Connector 5の最終リリースバージョンをダウンロードします。
ダウンロード先は、こちらです。
https://dev.mysql.com/downloads/connector/j/5.1.html

Downloadを押すと、会員登録を促す案内が出てきますが画面下の
「No thanks, just start my download.」をクリックすれば会員登録することなくダウンロード出来ます。

ドライバーマネージャーからドライバーをセット

メニューバー「データベース」>「ドライバーマネージャー」からMySQL (Old)を選択して編集をクリックします。

デフォルトのコネクターは最新の8が入ってしまうため、選択して削除します。

その後、「ファイルを追加」からダウンロードした「mysql-connector-java-5.1.48.jar」を追加してOKをクリックします。

接続先の追加

いつからかグラフィカルな接続先の選択画面になりましたが、ここにはMySQL 8+しか選択肢が表示されません。

「Classic」をクリックして旧ウィザードから「MySQL (Old)」を選択しましょう。

あとは接続先のデータベース情報を入力すれば完了です。

MySQLカテゴリの最新記事