VSCode Vim ワンキーで全選択(ctrl+a)をしたい

VSCode Vim ワンキーで全選択(ctrl+a)をしたい

VSCode Vimでファイル内を全選択するのは結構大変です。WindowsであればCtrl+Aでワンキーで出来ていたことが、何回もキーを叩く必要があるので余計に気になると思います。

Vimで全選択を行う

通常、Vimで全選択をするには以下の手順です。

  1. gg(ファイル先頭にカーソルを移動)
  2. Shift+V(行単位選択モード)
  3. G(ファイル末尾にカーソル移動)

左手に集中していてShiftも絡むので押しにくい。

全選択をワンキーに設定する

VimではWindowsの全選択ショートカット「Ctrl+A」には、デフォルトで数値のインクリメントを行うショートカットが割り当てられています。
これは使用頻度も高いので潰すのは勿体ないです。
他のキーへ移すか、全選択ショートカットを別に用意しましょう。

<leader> aにセットする

setting.jsonに以下のように設定します。

"vim.useCtrlKeys": true, // Ctrlキー関連のショートカットを利用
"vim.normalModeKeyBindingsNonRecursive": [
    { "before": ["<leader>", "a"], "after": ["g", "g", "V", "G"]},  // 全選択する
],
"vim.leader": "<space>", // リーダーキーをスペースに変更

<leader>キー > aとセットすることで、Ctrl+Aに近い操作感のまま全選択をワンキーで実行できます。

Vimカテゴリの最新記事